女性の身体の感じ方が変わる

ラブグラで感じる身体になる

大好きな彼と、夫とセックスをしても今までいったことが無い、不感症かもしれないという不安がある人にラブグラがあれば、感じる身体になることができます。

それは、性感帯の血流を良くする働きを持っていることが深く関係しています。

性感帯とも言われる、膣周辺の血行が良くなることでその部分が敏感になりやすいのです。

男性の勃起時のように、女性の性感帯のひとつクリトリスも血流が集まることで勃起しやすくなります。

そして、膣内も血流がよくなり熱くなってくることでより濡れやすく、感じやすくなるのです。

ラブグラが性感帯の血流を良くしてくれるので、その結果触れられると肌が敏感になるので濡れやすく、いきやすい状況をつくりだしてくれます。

媚薬では、薬が効き始めてから切れるまで興奮状態が続きますが、ラブグラなら触れられてから敏感になっていきやすくなるので、行為が終われば自然に興奮状態ではなくなります。

そのため、自然な流れでセックスをいつも以上に楽しむことにもつながるのです。実際に不感症などの治療目的でラブグラを使い始めて、いけるようになった今でも思いっきり楽しみたい時に利用している人もいるほどです。

セックスをして男性だけがいけたとしても、男性側も不満や罪悪感を感じたりする場合もあります。

また、女性はいくことができなければ中途半端にしか性的欲求は解消されない上に、気持ちよさが分からなければセックスをしたいという男性に無理に付き合うことになってしまいます。

こんなことが繰り返されれば、男女の気持ちはすれ違ったりしてしまう可能性もあります。それほどセックスは想い合う男女の大切なコミュニケーションの1つなのです。

そのコミュニケーションを失敗させないためにも、セックスの時に何か不安を感じている人はラブグラを利用してみましょう。その悩みを解決するサポート役になってくれます。